あおばクリニックでハイフシャワーを受けてきたレポ

ほうれい線・しわ・たるみ

僕は、いままでハイフを5回ほど受けているのですが、どうもあまり効果を感じない。

 

それで、2021年9月に湘南美容クリニックのハイフのショット数が増えて、いままでのハイフに加え、ハイフシャワーを同時に施術してくれるようになったのです。

その時に、直後の引き締めは一番感じることができました。

 

それ以来、

もしかして、痩せ型の僕は層が浅いハイフシャワーの方がよいのでは?

という考えがありました。

 

そして、ちょうど写真を撮る機会が9月にあったんですね。

ハイフシャワーは即効性を感じられましたし、ダウンタイムも無いので予定の直前にもよさそうです。

そういった理由で、あおばクリニックでハイフシャワーを受けてきました。

 

 

 

湘南美容クリニックでハイフにハイフシャワーが追加された時のレポはこちらです。

湘南美容クリニックのハイフのショット数が増えたので行ってきた【5回目】
2021年9月に湘南美容クリニックのハイフ(HIFU)のショット数が変更になりました。 このブログを書き始めてからでも、 2019年8月に料金の値下げ。 2020年6月にも値下げ。 2020年の9月には機種がウルトラ...
※注意※
この記事はあおばクリニックのハイフシャワーによるたるみ治療のレポート記事となります。
施術の効果や術後の経過は個人差があること。
自由診療であること。

発赤、熱感、痒み、痛み、乾燥、鈍痛などのリスクがあることをご了承下さい。
スポンサーリンク

ハイフシャワーとは

ハイフとは、超音波で皮膚の内部を熱し焼き縮めることで、リフトアップ効果が期待できる施術となります。

ハイフシャワーとは、ハイフよりさらに浅い層に熱刺激を与える施術となります。

 

深さの差はどれくらいなのかと言うと、ハイフは3mm~4.5㎜の深さのカートリッジを使用しますが、ハイフシャワーはそれより浅い2mmのカートリッジになります。

 

 

効果としては、ハイフはリフトアップ効果・引き締め効果を狙ったものとなります。

一方のハイフシャワーは、リフトアップというよりかは、タルミ毛穴や、肌のキメなど肌質の改善効果を期待した施術です。

 

 

ダウンタイムにも違いがあり、ハイフは施術の仕方によっては1週間くらい顔が痛むこともあったのですが、ハイフシャワーは当日から痛みも赤みも無くなります。

施術間隔も、ハイフは3ヵ月に1回ですが、ハイフシャワーは1ヵ月ごとに受けられるクリニックが多いです。

 

 

それで、冒頭でも話しましたが、僕が今回ハイフシャワーを選んだのは、ダウンタイムが取れそうになかったのと、浅い層のハイフの方が変化を感じられたからという理由です。

以下の動画で、リゾナスフェイスクリニック東京の松浦先生が、自身の顔にエコーを当てながらSMAS層の解説をしているのですが、SMAS層の深さは一定ではなく、4.5mmの深さであるSMAS層はごく一部だったんですよね。

皮膚や皮下組織の厚さは人それぞれだとは思いますが、僕も松浦先生と同じ痩せ型です。

そのため、いままであまり効果を感じなかったこともあり、僕も4.5mmでは照射深度が深すぎるのかもしれないと思ったんですよね。(あくまで仮説です。)

ハイフシャワーの料金はいくらだった?

あおばクリニックのハイフの料金は以下になります。

全顔(頬、顎下、額、目元) 32,800円
全顔(頬、顎下、額、目元)+首 39,800円
首のみ 19,800円
全顔(頬、顎下、額、目元)ハイフシャワー 19,800円

あおばクリニックは、はじめて受ける施術は割引きになるシステムがあります。

ハイフシャワーの場合には、ハイフが初めての方は19,800円が16,800円になります。

 

今回、僕はハイフシャワーははじめてだったのですが、過去にハイフは受けていたため初回料金ではなく通常料金の施術となりました。

 

 

ショット数は210ショットになります。

同価格帯ですと、湘南美容クリニックのハイフシャワーも19,800円です。

ショット数は湘南美容クリニックの方が330ショットと多いので、コスパでいえば湘南美容クリニックの方がよいですね。

 

ただ、僕はスケジュールの都合上、急な予約であったため、今回は予約が空いていたあおばクリニックで受けることを決めました。(次回は湘南でも受けてみます。)

あおばクリニックのハイフシャワーの流れ

施術当日。

 

クリニックにつくと、手指消毒とスマホの消毒をし、受付をすませます。

僕は、以前にハイフを受けていたためかカウンセリングは無く、受付でそのままお会計がありました。(本来はカウンセリング後にお会計。)

 

 

会計後、待合室で待っていると、すぐに呼ばれパウダールームで洗顔をします。

施術前の洗顔では、化粧水などはつけてはいけません。

パウダールームにも消毒液があるのは助かります。

洗顔を終え待合室に戻って座っていると、看護師さんに呼ばれ施術室へ案内となりました。

 

 

診察台に横になると、照射箇所にジェルを塗り照射スタートとなります。

照射順は以下の順番になります。

右頬→右目の下→右目の上→右額
左頬→左目の下→左目の上→左額

目の下は、引っ張りながらの照射をするのですが、結構痛かったです。

 

照射後は、パウダールームで洗顔をし、受付に番号札を返し帰宅となりました。

施術後の洗顔は化粧水、メイク、日焼け止めをおこなっても問題はありません。

 

 

院内にいた時間は、計40分ほどでした。

スポンサーリンク

施術前と施術後の写真

施術名 ハイフシャワー
施術の説明 超音波によるリフトアップ・肌質改善
施術のリスク・副作用 鈍痛、部分的な神経麻痺、赤み、内出血、腫れ
施術の価格 自由診療 計19,800円(税込み)
クリニック名 あおばクリニック

施術前と、施術後、施術から4日後の写真を見比べてみたいと思います。

僕は、毎回ハイフの変化は微細なのですが、今回はどうなるのか。

正面から

施術前

施術から4日後

斜めから

施術前

施術から4日後

どうですかね。変わってますか?

術後の方が引き締まっているように見えなくもないですが、気のせいでもあるような。笑

変化をしているとしても、やはり微細です。

 

 

ダウンタイムは、施術当日の寝る時に少し頭痛を感じただけでした。(いつもハイフを打つと頭痛になる。)

ハイフも、表面的なダウンタイムはないのですが、しばらく顔に痛みが残るので、楽なのはハイフシャワーですね。

あおばクリニックのハイフシャワーの感想

ハイフシャワーをはじめて受けてみましたが、何となく良くなったようにも見えますし、悪くはなさそうといった感想です。

毎月受けるにはお金が厳しいですが、ダウンタイムが無い分、スケジュールに組み込みやすいので今後も受けて行こうと思っています。

僕の顔に、ハイフの4.5mmでは深すぎるのでは?という疑問は、もう少し色々な先生に話を聞いてみようと思います。

 

 

今回、あおばクリニックには1年半ぶりに行ったのですが、毎回、電話対応も来院時の接客対応がよく、安心して施術を受けることが出来ました。

ピコトーニングとピコフラクショナルを同時におこなう施術にも興味があるので、来年になったら受けてみようと思っています。

 

以上、ハイフシャワーのレポートでした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

あおばクリニックでハイフを受けた時のレポートも良かったらお読みください。

あおばクリニックでハイフを受けてきたレポート!湘南美容クリニックとの比較
先月あおばクリニックでハイフ(HIFU)を受けてきました。 あおばクリニックは取り扱っている施術は低価格なものが多く、ハイフも医療ハイフでありながらエステと遜色ない低価格で施術が受けられますので、あまりお金をかけられない僕にはありがた...
タイトルとURLをコピーしました