フラクショナルレーザー【9回目】赤みがひかなくなってきたので対策を聞いてみた

毛穴の改善目的ではじめたフラクショナルCO2レーザーによる治療も9回目となります。

 

回数を重ね、毛穴や肌艶など肌質には良い変化を感じてはいるものの、治療回数が増えるほど、施術後の肌の赤みが残りやすくなってきたように感じていました。

最初の頃は3日間で治っていた赤みも今では4日ほどまで伸び、その後もうっすらと赤みが残ったり、顔の産毛を剃ると赤みがぶり返すといった具合です。

 

ダーマペンやレーザー治療の副作用で起こりうる一時的な炎症後色素沈着は、3~6ヶ月経てば自然と治まるそうですので、この赤みも肌が落ち着けば出なくなるのかもしれません。

ですが、赤みが長く残ってしまったり、色素沈着に変化してしまうのはなるべく避けたい。

 

ですので、今回は、クリニックで術後の赤みについて相談をしてみました。

また、赤みやダウンタイムの軽減を目的にホームケアを変えてみましたのでレポートしていきたいと思います。

 

過去、1~8回目のレポートはこちらになります。

湘南美容クリニックのフラクショナルCO2レーザーを詳しくまとめています。

湘南美容クリニックのフラクショナルCO2レーザーまとめ
湘南美容クリニック(旧 湘南美容外科)は全国に90院以上展開し、低料金で質の高い美容医療が受けられる人気のクリニックです。 このページでは、これからフラクショナルCO2レーザーを検討している人にむけ、湘南美容クリニックのフラクショナル...
※注意※
この記事はフラクショナルCO2レーザーによる美肌治療のレポート記事となります。
汚い肌・腫れ上がった肌の写真を多く掲載しています事をご理解の上お読みください。
また、施術の効果や術後の経過は個人差があること。
自由診療であること。

3~7日ほどの発赤、カサブタ、熱感、痒み、痛み、ピリピリ感、乾燥などリスクがあることをご了承下さい。
スポンサーリンク

トラネキサム酸のイオン導入を追加

僕が通っている湘南美容クリニックでは、4種類のイオン導入(エレクトロポーション)があり、フラクショナルCO2レーザーのオプションにも付けることが出来ます。

 

7回目はビタミンC誘導体を追加。

8回目にはSBCグロスファクターを追加。

そして、9回目の今回はトラネキサム酸(トランサミン)のイオン導入を追加してみました。

 

トラネキサム酸は、美白効果以外にも抗炎症作用もあり、のどの炎症止めの薬などにも使われている成分です。

ですので、術後の赤み色素沈着が心配な僕にも良いのではないではないかという考えです。

 

前回のSBCグロスファクターは、肌状態の違いをはっきり感じるほど良かったのですが、なにぶん1万円ほどとお高いので節約を兼ねてでもあります。

会計はポイントを利用し4,479円でした。

赤みの期間が伸びてきた理由と提案された対策

赤みが残りやすくなったことは、出力を下げられてしまう心配もありますが、クリニックに報告しておいた方が良いでしょう。

施術前の問診時に素直に伝えました。

前回は施術後の赤みはどうでしたか?

(毎回、聞かれます。)

主な赤みは3日ほどですが、うっすらした赤みが残りやすくなった気がします。

回数を重ねると赤みは出やすくなるものなのでしょうか?

そうですねー…。肌が薄くなる治療ですので、赤みが出やすくなります。

看護師さんの話では、強い出力で回数を重ねると赤みが出やすくなる方もいるのだそう。

 

そこで、3つの提案をされました。

・強く打っている部分を全て通常の出力に戻す

僕は、毛穴の気になる頬や眉間は、強い出力で打ってもらっています。

看護師さん曰く、クリニックで定めている最大出力で打っているそうなのですが、それを顔全体と同じ出力に落とすといったもの。

 

ただ、強く打った方が毛穴には効くので、効果と副作用はトレードオフになるとのこと。

・強く打つ範囲をとても気になる所だけに限定する

次の提案は、出力を落として、毛穴への効果が弱くなっては元も子もありませんので、強く打つ範囲を狭めるといったもの。

 

確かに、赤みが出やすい部分は、強く打ってもらっている範囲だけなんですよね。

本当に気になる部分だけに絞ってレーザーを打てば赤みの範囲も狭まりそう。

でも、出来れば最大限に効果が欲しい…。

メタトロン ファーストステップローション

MT メタトロン ファーストステップローションコントアBクリームをダウンタイム中の1週間だけでも使用することをすすめられました。

 

メタトロンはMTコスメティクス株式会社が販売するクリニック・エステサロン専売のスキンケア用品で、ファーストステップローションは、敏感肌にも使え、レーザー治療後の赤みを抑えるのにも良いのだそう。

成分を調べたところ、消炎成分であるグリチルリチン酸が配合されていました。

 

クリニック・エステサロン専売との事ですが、ネットでも購入は出来るようです。

興味があれば受付で詳しく説明するので尋ねて下さいとのことでしたが、僕は他に試してみたいスキンケア用品がありましたので、話を聞きには行かず。

 

結局、出力に関しても「今まで通りの出力で打って下さい。」と伝え、範囲を狭めず広範囲を強く打ってもらいました。

イオン導入と薬剤塗布の順序に決まりはない

今回、新たに分かった事があります。

前回は、成長因子の薬剤を塗布した後にイオン導入がおこなわれたのですが、今回は、イオン導入終了後に成長因子の薬剤塗布がおこなわれたので不思議に思い聞いたところ、薬剤塗布の順番には決まりがなく、看護師さんによって手順は変わるとのことでした。

 

 

どういうことなのかというと、湘南美容クリニックのフラクショナルCO2レーザーは、スタンダードとCO2スキンプレミアムの2種類があり、どちらも成長因子の薬剤塗布がセットになっています。

そのため、イオン導入をオプションで追加すると、イオン導入の薬剤とフラクショナルCO2レーザーの薬剤の2種類の薬剤を塗布することとなります。

この、2種類の薬剤塗布の順番は、看護師さん個人の裁量によって決まるという事ですね。

 

フラクショナルCO2レーザー

薬剤塗布

イオン導入の薬剤塗布&イオン導入

クーリング

白色ワセリン

※赤字の順番は看護師さん次第で変わる

 

CO2スキンプレミアムコースの場合には、マスクパック(薬剤塗布)とクーリングがセットになっていますので、イオン導入後に薬剤塗布と順序は固定されているのでしょうが、スタンダードコースの場合には順番が入れ替わる事があるということになります。

 

細かな違いですが、成長因子薬剤と一緒にイオン導入をおこなって欲しい場合には、あらかじめ看護師さんに「先に薬剤塗布をして欲しい。」と伝えておくとよいかと思われます。

湘南美容クリニックについて
詳しくはこちら

Easy dew  EXのマスクシートをダウンタイムに使ってみた

今回は、赤み対策にトラネキサム酸のイオン導入を追加しましたが、それ以外にも赤み対策をおこなってみました。

それは、Easy dew EXのマスクシートです。

 

 

レーザー治療後のケアや、ホームケア用品として、韓国製の「リジェンスキンSRSマスク」を採用しているクリニックが多いのですが、1枚2,000円と毎日使うには高い。

3日間朝晩使うだけでも、10,000円を越えてしまいます。

 

そこで、他に安くて良い製品はないか探していたところ韓国デウン製薬が販売するドクターズコスメ「EasydewEXリペアコントロールゲルドレッシングマスクシート」を発見。

 

 

このEasy dew EXシリーズは、リペアコントロールの名の通り、レーザー治療後の回復を目的としたブランドで、すべての製品でDW-EGF(上皮細胞成長因子)が配合されています。

 

そして、このマスクシートには10ppm(0.001%)のDW-EGFが配合。

有効とされるEGFの含有量は0.1ppm(0.00001%)以上ですので、単純計算では規定値の100倍の成長因子が配合されていることになります。(DW-EGFはリポソーム化されているので厳密には違うと思われます。)

いままでも、EGF含有の美容液を試し、多少のダウンタイムの短縮を実感していたので、今回も期待できそう。
関連記事:『フラクショナルCO2レーザー【6回目】GF美容液でダウンタイムは短くなる?』

 

ほかにも、Easy dew EXは、レーザー治療後の色素沈着を90%以上予防し、美白効果シワ予防の効果が期待できるとのこと。
参考:どうたいクリニック Easy dew EX

 

 

EGFの含有量も明記されていますし、色素沈着を防いでくれるレーザー治療後の使用を想定した商品なら、今の僕にピッタリじゃないですか。

しかも、1枚あたり500円ちょっと(2019年11月末amazonで購入時の値段)とリジェンスキンマスクより70%近く安い…。

 

1箱5枚入りなのですが、施術の翌日から2日半、朝晩に使ってみることにしました。

 

こちらの製品です。

9回目の術後経過写真(トラネキサム酸+Easydew EX)

施術名 フラクショナルCO2レーザー 計9回目
施術の説明 レーザーによる毛穴・ニキビ跡などの美肌治療、若返り治療
施術のリスク・副作用 3~7日ほどの赤み・カサブタ
施術の価格 自由診療 計159,417円(フラクショナルレーザー9回+イオン導入3回)残コース3回

施術日当日

施術直後は相変わらず赤いですが、前回と比較すると赤みは弱いですね。

これは、トラネキサム酸のイオン導入が良かったというより、前回のSBCグロスファクターがとても染みたので、前回が特別に赤かったものと思われます。

 

施術後は、6時間後から水洗いが可能で、24時間後から洗顔料の使用が可能となりますので、この日はそのまま洗顔せずに就寝しました。

 

1日目

赤みはまだ強く残っています。

スキンケアの手順は、洗顔後にゲルドレッシングマスクシートをし、白色ワセリンでフタをするだけにしています。

 

2日目

洗顔後に写真を撮り忘れ、ワセリンを塗った後の写真です。

赤みもまだ残っており、ドット状カサブタが目立ってきました。

 

3日目

赤みは残っているものの大分落ち着きました。

ドット状のカサブタはまだ目立ちますが、前回より、早く赤みが引いてきているように思えます。

 

この日で、Easy dew EXのシートマスクは使いきりましたので、Easydewのマスターマスクに切り替えました。

イージーデューDW-EGFマスターマスクは週1回のスペシャルケアに良さげ
Easydew「DW-EGF Master Mask」は、韓国の大熊(デウン)製薬オリジナルのEGFが入ったマスクシートです。 韓国は、美容大国と呼ばれるだけあって、美容液や美容レーザー機器などにも強いですよね。 僕は、...

 

4日目

カサブタも薄くなり赤みも気にならない程度になったので、4日目から白色ワセリンの使用はやめ、パック後は保湿クリームを使用しています。

 

今回は、いままで試した製品よりEGFの含有量が多いマスクシートを使用しましたが、ダウンタイムの短縮時短は120時間が半日(12時間)ほど早まった程度と、いままで試した製品と差がないように思えます。

10%程度の短縮が僕の回復力の限界なのかもしれませんね。

 

5日目

ダウンタイムを抜けました。

5日目頃が肌状態が一番良いです。

この時に締まっていた毛穴も少しずつ開いていき、術後2週間経つ頃には肌の状態も安定します。

 

15日目

今回の施術は、肌の落ち着きが今までで一番良いように感じます。

トラネキサム酸のイオン導入の効果か、Easydew EXの効果かは定かではありませんが、赤みも抑えることができました。

 

ダウンタイムの長さ自体は、ほかのEGF含有製品とかわりませんでしたが、肌状態が非常に良いので、今後も、Easydew EXのマスクシートをレーザー治療後のアフターケアに使っていくつもりです。

 

Easydew EXについては、より詳しくはこちらの記事でレポートしています。

easydew EXのシートマスクをダウンタイムに使ってみた口コミ
現在、僕はフラクショナルCO2レーザーの治療中でして、ダウンタイムに有効なホームケア製品はないか探していました。 レーザーやダーマペンのダウンタイムには、多くの美容皮膚科で使われている韓国製EGFパック「リジェンスキンSRSマ...

9回目まとめ

・強い出力で回数を重ねると赤みが残りやすくなる
・湘南美容クリニックはダウンタイムにメタトロンファーストステップローションの使用を推奨
・Easydew EXはかなり良かった

以上が、フラクショナルCO2レーザー9回目のレポートになります。

 

フラクショナルCO2レーザー5回目ごろから、レーザー治療を秘密にしている方からも肌が綺麗になったと言われるようになり、最近はさらに数人から褒められる機会がありました。

第三者から見ても変化が出てきている事が分かると安心しますね。

 

次回は、節目となる10回目のレポートとなりますので、今までの経過写真を詳しく載せていきたいと思います。

スケジュールの都合から3月頃に施術を受ける予定となりますが、また「メンズ美容ブログ(仮)」を読みに来ていただけると嬉しいです。

 

湘南美容クリニックのフラクショナルCO2レーザーについてのまとめです。

湘南美容クリニックのフラクショナルCO2レーザーまとめ
湘南美容クリニック(旧 湘南美容外科)は全国に90院以上展開し、低料金で質の高い美容医療が受けられる人気のクリニックです。 このページでは、これからフラクショナルCO2レーザーを検討している人にむけ、湘南美容クリニックのフラクショナル...
公式情報はこちらになります↓
湘南美容クリニック公式ホームページ
タイトルとURLをコピーしました