目の充血が治らないのでレーザーを打ってもらった【経過レポ2回目】

1年半ほど前から目の充血が酷くなりはじめ、1年前には寝起きは目が真っ赤の状態になってしまいました。

病院に行ったところ「ドライアイ」が発覚。

目薬を処方してもらい目の傷はおさまったものの、充血はよくなりませんでした。

 

そこで、先生に相談をし結膜母斑の治療に使われるレーザーを発達してしまった血管に打ってもらえることに。

 

ですが、期待していた成果はなく、むしろ悪化してしまったような…。

というのが、前回のレポートでした。

 

 

今回は、2回目のレーザーを受けてきましたのでそちらのレポートとなります。

よろしければ、前回のレポートと合わせてご覧ください。

充血が酷いので目の血管をレーザーで焼いてもらった話
去年、寝起きの充血が酷く病院で診て貰ったところドライアイが発覚しました。 その後は、ドライアイ用の点眼液を使い、ドライアイ用の眼鏡も購入。 なるべく眼を酷使しないように意識していたものの、拡張してしまった血管は元には戻ら...
※注意※
この記事はレーザーによる目の血管拡張の治療レポートとなります。
充血した目の写真を多く掲載していますことをご理解の上お読みください。
スポンサーリンク

レーザーを受ける前に変えたこと

血管が拡張する原因を解決できなければ、レーザーで焼いてもらったとしても、ふたたび拡張してしまう未来が想像できます。

 

原因として一番要因が大きそうなのは、ドライアイです。

ドライアイに関しては半年間の治療で、傷も改善、寝起きの目の辛さもマシにはなりました。

 

ほかにも、レーザー前に、僕が変えた生活習慣からお話していきたいと思います。

布団クリーナーを買い布団を新品に交換

レーザー治療の前に、アレルギー検査をしてもらったのですが、僕は「ハウスダスト」、「ダニ」のアレルギーを持っているようでした。

 

たしかに、押し入れの中に長期的に入っていたもの(コタツ布団とか)は、取り出しただけでクシャミが止まりません。

そして、寝起きが一番充血が酷いということで、先生は布団のダニやホコリが原因ではないかと考えているようでした。

 

 

僕の予想としては、車の中で寝ようが、机で寝ようが、寝起きは目が真っ赤なので、睡眠時の涙の分泌量が原因の可能性が高い(または、寝ている間に目が開いている)と思っているのですが、プロの経験則としてアレルギーであることが多いのかもしれません。

対策は万全におこないたいので、布団クリーナーを買い、布団も新調しました。

布団クリーナーは、アイリスオーヤマのものです。

使った感想は、ほかの布団クリーナーは試したことがなにので比較はできませんが、値段相応かと思います。

吸引力はイマイチなのですが、洋服ブラシのような生地が布団のホコリを集め、よくは取れているので悪くはないという評価です。

PC用の眼鏡を買った

僕は、仕事がら1日中パソコンをいじることが多いのですが、PC用の眼鏡をドライアイ用の眼鏡に新調しました。

眼鏡のツルの部分にスポンジが入っており、濡らして周囲の湿度をあげるというものです。

 

ドライアイに効いているのかは分かりませんが、PC作業用の度数で作ったおかげか眼精疲労はかなりマシになったような。

詳しくはこちらの記事でレポートしています。

ドライアイが辛いのでJINSの保湿眼鏡を買ってみたレポート
ここ最近、目の充血が酷かったので、眼科でみてもらったところドライアイが判明しました。 目薬を処方してもらい楽にはなったものの、ドライアイは治る病気ではなく、一生付き合っていかなければならないのだそう。 ですので、なるべく...

ホットアイマスク

以前、テレビでドライアイは目を温めるとよいと紹介されていました。

眼の潤いには、油分も大事だそうで、温めることにより固まった脂が溶け膜になってくれるのだそう。

 

先生にも、伺ったところ毎日でなくてもいいがやった方がいいとのことでした。

僕は、レンジで温めるタイプのものを買いました。

気持ちいいので習慣化できています。

寝る前に水を飲む

これは、2回目のレーザー施術前から取り入れた習慣です。

「寝起きに充血するということは、涙の分泌量が減っているのかも?」と先述しましたが、対策として寝る前に意識的に水を飲むようにしてみました。

 

僕は、水分をとらないというわけではなく、お茶が好きで1日2リットルくらいは飲みます。

ですが、カフェインには利尿作用があり水分補給にならないという意見もあるんですよね。

最近では、カフェインの耐性はすぐにできるので常飲しても問題はないという見解もありますが、念のため水道水を飲むようにしてみました。

 

結果としては、寝る前に意識的に水を飲んでも、あまり変化は感じていません。笑

参考:『“カフェインの脱水作用”。その真偽について。』

2回目は黒目の近くの血管を中心に

診療では、まずは1回目の施術での変化から見ることになりました。

検眼台で写真を撮り施術前の写真と見比べたのですが、良くなっている血管もあるとのこと。

 

僕が家で撮っていた経過写真では、レーザーをしたことにより、むしろ悪化したように見えていたので意気消沈していたのですが、少しは希望を持っていいのでしょうか。

充血具合は日によって変わるので、一概に悪化したとは言えないのかも。

 

ただ、先生も手ごたえを感じていないようで、

あまり良くなっていないですね。

3回くらいはかかるかな。

マシにはなると思いますが、完全には綺麗にはならないとは思います。

とのことでした。

 

 

そして、前回の施術で黒目付近まで血管が伸びてしまっているように感じたので、今回は黒目の近くを中心に焼いてもらうことにしました。

しかし、今回もですが、施術中は辛かったですね。

 

まぶしさとチクチクした痛みで意識がもうろうとしますし、視点を動かさないで固定できているのか自分で分からなくなってしまいます。

先生もやりづらそうにしていたので、動いてしまっていたのかもしれません。

 

ほんと、大変な施術を安くおこなっていただき感謝です。

スポンサーリンク

2回目で改善は見られたのか

では、施術前と後の写真を見比べたいと思います。

 

今回は、黒目付近を中心にレーザーを打ってもらいましたので、黒目近くを比較してみて貰えたらと思います。

ダウンタイムの経過は、前回と同じく3週間くらいかかりました。

 

サーバーの容量もありますので、今回は、ダウンタイムの経過写真ではなく、施術前と5週間後の写真のみ載せていきたいと思います。

 

ダウンタイムの状態変化は前回のレポートをご覧ください。

充血が酷いので目の血管をレーザーで焼いてもらった話
去年、寝起きの充血が酷く病院で診て貰ったところドライアイが発覚しました。 その後は、ドライアイ用の点眼液を使い、ドライアイ用の眼鏡も購入。 なるべく眼を酷使しないように意識していたものの、拡張してしまった血管は元には戻ら...

左目施術前

左目5週間後

太い血管は少し薄くなったようにも見えます。

その分、黒目近くに細かい血管がチリチリと増えているようにも見えます。

右目施術前

右目施術後

こちらは、太い血管はあまり変わらず、細い血管が黒目付近まで伸びて来てしまっているような。

0回目との比較

では、レーザー治療を始める前と比較してみましょう。

左目0回目

左目2回目の施術から5週間

こうして、比較してみると太い血管は明らかに改善しています。

右目0回目

右目2回目から5週間

右目は…黒目付近まで血管が伸び悪化してますかね。

本当のダウンタイムは2か月くらい?

経過写真を見た通り、左目は少し改善、右目は悪化したように感じていました。

ぼやけたような細かい血管も増えていたので、正直に、効果はあまり実感できていませんと先生に報告したところ、

 

 

充血が完全によくなるには2~3ヵ月かかることもあります。

とのこと。

 

ダウンタイムは、1週間~1ヵ月と説明を受けていたので、充血もそのくらいで安定すると思っていたのですが、充血の改善はもっと長い目で見た方がいいのかも知れません。

確かに、1回目の施術の時に、ダウンタイムは3週間ほどでしたが、その後も緩やかに改善したような。

 

写真もみてみましょう。

 

0回目

1回目の施術から23日後の写真

2回目の施術前の写真(1回目から2.5ヵ月ほど)

たしかに、23日目より、2.5ヵ月経過した写真の方が充血が良くなっています。

3回目の施術を受けるべきか悩んでいたのですが、2回目の施術を受けてまだ5週間。

もう1.5ヵ月ほど様子をみて判断した方が良さそうですね。

 

 

以上、目の血管拡張のレーザー治療2回目のレポートでした。

治療の経過は引き続きブログに追記していきたいと思います。

このレポートが、同じ悩みをお持ちの方の参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました