渋谷のOggi clinicで糸リフトを受けてきたレポート【格安】

料金の安さで話題のOggi clinicで糸リフトを受けて来ました。

 

2022年2月現在は、開院してまだ4~5ヵ月程度だと思うのですが、予約は半年待ちで予約枠も受け付け開始からすぐに埋まる人気ぶり。

どの施術も驚くほど安いのですが、糸リフトもVOVリフト6本で通常価格65,780円と安い大手美容クリニックの半額くらいで受けられるんですから、そりゃ人気にもなりますよね。

 

今回は、運よく話題になる前に予約が取れましたが、今後は予約争奪戦に勝てる気がしないです…。

 

 

それで、予約が取れたはいいものの、まだ情報の少ないクリニックですので通院前は不安もありました。

結果として、行ってみるととても良いクリニックに感じました。

 

これから通院する方の参考になるよう詳しくレポートしていきたいと思います。

※注意※
この記事は糸によるリフトアップ治療のレポート記事となります。
傷口や肌の写真を掲載しています事をご理解の上お読みください。
また、施術の効果や術後の経過は個人差があること。
自由診療であること。

傷、とう痛、ひきつれ、腫れ、内出血、神経障害などのリスクがあることをご了承下さい。
スポンサーリンク

Oggi clinicの先生は?

Oggi clinicの医師は、田崎諒先生です。

先生のプロフィール

Oggi clinic公式HP-医師紹介

 

田崎先生は、湘南美容クリニックに勤められていた先生で、独立開業されたようです。

湘南美容クリニック時代のプロフィールを見てみると、二重術の執刀数の多い先生のようです。

 

SNSで口コミを調べてみても、良い評判ばかりで、悪い評判は見当たりませんでした。

僕が実際にお会いした印象も、イケメンで丁寧で優しい先生という印象。

これだけ安い価格設定をしている時点で、戦略的な低価格というよりボランティア精神のある方だと思うのですが、物腰が柔らかく優しい先生でしたので安心して相談しやすいかと思います。

 

 

クリニックは、現在はひとりでされているようで、出迎えからカウンセリングまで先生自らおこなってくれます。

ほかに、会計担当の女性が1人いましたが、看護師さんはいないようでした。

 

そのためか、予約できる施術メニューは以下の11種類と厳選されています。

埋没法二重術
経結膜脱脂(クマ取り)
目頭切開
脂肪吸引(頬・アゴ下)
糸リフト
糸リフト+脂肪吸引
ボトックス注射
ヒアルロン酸注入
脂肪溶解注射
白玉点滴
ダーマペン

公式サイトによると、2022年4月から医療脱毛も開始するようですし、もしかしたら、今後は看護師さんが増えることもあるのかもしれませんね。

クリニックの場所は渋谷駅近く

クリニックは渋谷駅から徒歩3分ほどの場所にあります。

 

JR渋谷駅のハチ公口から出て、109の方向へ。

ドン・キホーテ、H&Mの前を通り、銀行の横の小さなビルの3階です。

【住所】 東京都 渋谷区宇田川町 33-8 エミリアビル3階

 

ビルの前には、看板があるので分かりやすいと思います。

なんとか取れた予約が夜の21時30~22時30分の最終枠だったのですが、先生は朝の10時から夜の10時過ぎまで働いているのでしょうか…。

休めているのか心配になります。

 

エレベーターで3階に上がると、何も書かれておらず、カーテンで中が見えないドアがあります。

ここで合っているのか…??

ドアノブに手をかけて引いてみたのですが、鍵がかかっていて開きません。

 

すると、中から先生が空けてくれました。

お待ちしておりました。

合っていたようで一安心です。

 

玄関で靴を脱ぎ、先生に案内されすぐに施術室に向かいます。

 

院内は、こじんまりとしていて、僕以外の患者さんはいません。

玄関も靴4足おいたらいっぱいになるくらいの広さですので、人が何人も出入りするようには想定していない模様。

 

完全予約制ですし、プライベートサロンみたいな感じですね。

 

僕は予約時間より25分早くついてしまったのですが、あまり早く着きすぎない方がよいかもしれません。

スポンサーリンク

糸リフトはVOVリフト6本

施術室に入ると、椅子に座る様に案内され、問診票を渡され先生は一時退室します。

 

問診票の内容は、相談内容(悩み)や、いままで悩みの部位に対してほかのクリニックで施術を受けたことがあるかなど。

頃合いをみて先生が戻ってきますので、問診票をもとにカウンセリングと施術説明がおこなわれます。

 

 

僕は、カウンセリングのみではなく当日に糸リフトの施術希望で予約をしていましたので、糸リフトの説明がありました。

糸リフトに使われる糸はVOVリフトで、本数は左右3本づつの計6本が基本構成になります。

 

糸の入れ方は、もみあげの後ろからほぼ真下に向けてフェイスラインの骨に少しかかるように入れるとのことでした。

そのため、仕上がりのイメージは、皮膚を指で斜め後ろに引いた感じではなく、もみあげ付近を上に引っ張り上げた感じになります。

ですので、中顔面というより、フェイスラインにむけて作用すると思っていた方がいいです。

 

 

僕は、今まで別のクリニックで2回VOVリフトを入れていまして、その時はこめかみからほうれい線に向けて斜めに糸を入れています。

Oggi clinicでは、ほうれい線にむけての挿入はおこなっていないのか伺ったところ、医師によっても意見は異なるとのことでしたが、田崎先生は糸は縦に入れた方がよいとの考えとのことでした。

 

糸リフトの図解を見せながら詳しく説明してくれたのですが、糸は中顔面にむけて入れると顔がサドルのような形になりやすいとのこと。

また、糸を縦に入れた方が強く引け、形もいびつにならずに済むとのことでした。

 

こんな図解でした。(絵心無くてすみません。)

 

僕はいままでほうれい線に向けて糸を挿入しても、いびつにはなってはいないのですが、言われてみれば、力が一番かかっている場所が端である方が、シルエットは自然な感じになりやすくはあるのかなと思います。

そして、ほうれい線が悩みの場合には、ヒアルロン酸などのフィラーの方がいいとのことでした。

 

 

ただ、ほうれい線に向けての挿入はおこなっていない訳ではなく、希望があればやってくれます。

その際は、斜めに3本では維持力が弱いので、追加料金がかかりますが左右4本づつになるとのことです。

 

 

僕はというと、今回はほうれい線というよりその少し下、口角の横あたりを引き上げられたらと考えていました。

仕上がりのイメージとして、もみあげ付近を上にひいてもらったところ、口元も引き締まり理想に近かったのでフェイスラインにむけて縦に入れてもらうことにしました。

 

 

ほうれい線にむけていれた時の写真は、糸リフト1回目・2回目のレポートをご覧ください。

湘南美容クリニックのワンデーリフトアップ(ほうれい線)を受けてきた
先日、湘南美容クリニックでワンデーリフトアップを受けてきました。 ワンデーリフトアップは、糸リフト(スレッドリフト)とヒアルロン酸注入がセットになったプランで、2021年現在では「ほうれい線スッキリ」、「小顔スッキリ」、「あご下スッキ...
湘南美容クリニックで糸リフトをリピーター割で受けてきた【2回目】
5ヵ月ほど前に、VOVリフト6本+ほうれい線へのヒアルロン酸注入を受けてきましたが、4ヵ月ほどで引きあがりは元通りに。 クリニックの説明ではVOVリフトは半年ほど持つとのことでしたが、口コミで見かけることの多い3ヵ月程度の持ちとなりま...
スポンサーリンク

引き上げ効果の持ちはどれくらい?

効果の持続期間が気になるところです。

 

引き上げ効果はどれくらい続くんですか?

引き上げの効果は1年ほど続きます。

溶ける糸を使っていますので、糸は1年半ほどで加水分解されてしまうのですが、皮下組織が固く瘢痕化した状態は2~3年ほど継続します。

とのことでした。

 

瘢痕化とは傷跡に見られる皮膚が固くなった状態です。

糸自体の引き上げ効果は1年ほどでなくなってしまいますが、糸のまわりに固い組織ができるのでたるみの予防効果はしばらく継続するようです。

 

以前、VOVリフトをいれた際は3~4ヵ月程度の持ちでしたが、入れ方によっても持ちが変わるのかもしれません。

今後の経過をじっくり観察していきたいところです。

 

 

以前の糸リフトの持ちについてのレポートはこちらの記事をご参照下さい。

VOVリフトの持ちはどれくらい?6本入れた経過写真
前回、ほうれい線の改善目的で、VOVリフト6本+ヒアルロン酸の施術を受けました。 VOVリフト(ボブリフト)は、PCL(ポリカプロラクトン)を素材とした糸で、糸が体へ吸収される期間は2年と、糸リフト(スレッドリフト)に...

糸リフトの施術の流れ

カウンセリング後は、施術同意書にサインをします。

 

現在は、新規オープンでモニター価格で受けることができましたので、モニターとして施術してもらうことにしました。

モニター価格で施術を受けるには、写真撮影をし、ホームページなどに写真が載ることに同意する必要があります。

 

 

Oggi clinicの公式ホームページを見ると、いくつかビフォーアフターの写真が載っていますのが、このような形で掲載される可能性があるということみたいですね。

糸リフトの場合は、目元を隠しての掲載となり、撮影は施術前と直後のみで、1か月後など改めて通院する必要はないとのことです。

 

 

ブログに顔写真を何枚も載せている僕としては、ホームページに写真が載っても困りませんので、モニター価格で施術してもらう事にしました。

同意書の記入後は、正面や左右横を向いた状態の静止画、動画の撮影をします。

 

 

撮影が終わると、ヘアキャップを渡され自身で装着。

髪の毛が傷口に入ってしまうと感染症の原因になってしまうので、しっかり髪をヘアキャップに収めて下さいとのことでした。

 

 

ヘアキャップをつけたら、施術台に横になります。

僕は、脱ぎ着しやすいようにインナーはタンクトップで前開きの服を着て行ったのですが、特に上着を脱いでくださいなどの指示はありませんでした。(一応、コートだけは脱いだ。)

着替えが大変なのであまり着こんでいかなかったのですが、脱がなくても施術してもらえるなら、もう少し重ね着していっても良かったかも。

 

 

施術台に横になったら、ヘアキャップや髪をテープで止め、ペンで糸が入る部分をデザインし、糸の挿入部位を消毒。

消毒後は、皮膚表面にチクチクと、深く麻酔針を挿入するための麻酔を打ちます。

左右の表面に麻酔を打ち終わったら、糸が挿入される部分に沿ってマイクロカニューレで麻酔を注射していきます。

 

麻酔が終わったら糸の挿入です。

糸の挿入は6本で5分程度とあっという間に終わりました。

 

 

挿入が終わったら、糸を引き上げ余った糸をカット。

 

最後に、髪の毛が糸の挿入口に入ってしまっていないか確認をします。

目視はできませんでしたが、先生はピンセットを持ちながらじっくり確認しているようでした。

 

 

施術終了後は、鏡で仕上がりを確認。

 

モニター用の撮影をし、お会計をし、帰宅となりました。

1時間枠の施術でしたが、院内にいた時間は40分程度。

 

同意書の写しや、注意書きなどの書類、痛み止めや抗生物質などの薬の処方もありませんでしたのでカバンもいらなかったです。

スポンサーリンク

局所麻酔のみの糸リフトだったが痛くなかった

いままで、僕はVOVリフトを2回受けていますが、笑気麻酔+局所麻酔で施術を受けています。

今回は、局所麻酔のみの施術ということで痛みを心配していたのですが、一番痛みを感じませんでした。

 

 

詳しく説明すると、糸リフトの糸の挿入自体は、局所麻酔が効いているので毎回たいした痛みはありません。

イメージとしては、細い針で顔をチクチクされている程度の痛みです。

 

 

では、何が痛いのかというと、マイクロカニューレで、糸が挿入されるルートに沿って麻酔を注射する時です。

いままでは、この麻酔を注射する時にグッグッと圧迫されるような痛みを感じましたし、バリバリと皮をはぐような音に恐怖を感じていました。(とはいってもすぐに麻酔が効いてきますし耐えられるレベル。)

 

 

ですが今回は、本当に麻酔できているの?と心配になるほどあっさりしていて、マイクロカニューレの挿入も細い針でチクチクつついている程度の痛みで済みました。(ちゃんと効いてました。)

 

 

僕は医者ではありませんので知識はありませんし、あくまで体感による推測ですが、注射針がいままでより細かった、麻酔液の量がいままでより少なかった(適量だった。)、という要因で痛みが小さかったのではないかと思います。

注射針が挿入されている時の太さがあきらかに細く感じましたし、麻酔を注入している時にバリバリと押し広げられるような音や圧迫感もありませんでした。

いままでは施術後に顔の広範囲が麻痺していましたが、それもありませんでしたので、麻酔の量が適量だったのではないかなと思います。

いままでと挿入範囲が違うので、麻酔をきかせなければいけない面積が変わって、必要な麻酔量が違ったという要因もあるのではないかとは思いますけど、先生がうまいのだなと感じました。

 

 

先生は「痛みますよ。」、「大丈夫ですか?」と声をかけながら注射してくれましたが、少しチクチクする程度でしたので、感覚を集中して針の存在を探す余裕があるほど。

ピンセットで鼻毛を抜く方が痛いくらいでした。

 

ひとまず、何が言いたいのかというと、たいした痛みじゃないから心配しなくて大丈夫ということです。笑

ほかのクリニックで糸リフトする時も、もう笑気麻酔はいらないし、麻酔がうまい先生を探そ。

スポンサーリンク

クレジットカードもOK!料金はめちゃくちゃ安い

格安なクリニックということは分かっていましたが、やはり安さには驚きますね。

 

料金はモニター価格で税込43,780円でした。

1本あたり7,300円。

めちゃくちゃ安い。赤字じゃないのかな??

 

それで、格安ですしホームページにはクレジットカードが使用できるか記載されていなかったので、心配で現金も持っていったのですが、クレジットカードは使えました。

 

僕の記憶だよりなので間違っているかもしれませんが、使えるカードは「マスター VISA JCB アメリカンエクスプレス discover ダイナーズクラブ 銀聯」の7種類。

電子マネーやQR決済も対応しているようでした。

 

たしかSteraの決済端末だったと思いますので、使いたい決済方法が対応しているかはSteraで何が使えるのか調べてみてください。

繰り返しになりますが、記憶だよりで間違っているかもしれませんので、複数の決済方法を準備しておいて下さいね。

 

ほかに、美容クリニックにある会員証などはありませんでした。

糸リフトの注意事項

Oggiclinicでは、抗生剤や痛み止めの処方はありません。

 

糸リフトで膿んでしまう原因のほとんどが頭髪の混入ということで、そこを注意すれば大丈夫だそう。

いままでトラブルが起きたことはないとのことでしたが、何か異変があった場合には直ちにLINEで連絡して欲しいとのことでした。

その際は、切開で膿を出し点滴で抗生剤を投与する対応をするとのことです。

 

 

また、強く引き上げているので皮膚にたわみが出ますが、1週間ほどで落ち着くとのこと。

リスクとリターンで、引き上げは弱くなってしまうが、揉み解せばたわみを解消することもできるとのことでした。

 

 

ほかに、特に注意事項や指導はありませんでした。

僕がいままでほかのクリニックで糸リフトを受けてきた経歴がありますので、細かい指導は省略したのかもしれませんね。

 

 

施術前と施術後に気を付けるポイントは、過去の糸リフトの記事を参考にしていただければと思います。

湘南美容クリニックのワンデーリフトアップ(ほうれい線)を受けてきた
先日、湘南美容クリニックでワンデーリフトアップを受けてきました。 ワンデーリフトアップは、糸リフト(スレッドリフト)とヒアルロン酸注入がセットになったプランで、2021年現在では「ほうれい線スッキリ」、「小顔スッキリ」、「あご下スッキ...
スポンサーリンク

挿入部位の違いによるダウンタイム中のつらさの違い

1回目と2回目は、こめかみからほうれい線にむけて糸を挿入しまたしたが、今回は耳の前から下あごにむけて糸が挿入されています。

そのためか、ダウンタイムの痛みにも違いを感じました。

 

1回目2回目で一番痛みを感じたのは、笑うなど頬の筋肉を動かす行為です。

そして、食事の時に口を開ける動作がつらいように感じました。

ただ、口に入ってしまえば咀嚼は苦に感じませんでした。

 

 

今回は、頬のようにあまり表情で動かない部位のためか、痛みを感じることが少なかったです。

ですが、下あごまで糸が入っているせいか、咀嚼をするとピキッと痛みが走りました。

 

1回目2回目であれば、ダウンタイム初日から細切りにすれば固形物を食べることができましたが、今回は、パンの硬さですら固形物を食べるのがしんどかったです。

術後3日くらいまではプロテインやゼリー飲料で過ごした方がよいかもしれません。

 

 

また、下あごに糸が入っているためか、蛇口から水を飲もうと首を少し伸ばしたり、首に化粧水を塗っている時に痛みを感じることがありました。

施術から1週間経つ頃には食事も問題なくできるようになり、全体的にいままでより楽ではありましたが、次に顎にむかって糸を挿入する時はゼリー飲料をたくさん用意しておいた方が良さそうです。

ダウンタイムの経過写真-たわみが目立たなくなるまで

施術名 糸リフト
クリニック Oggi clinic
施術の説明 VOVリフトによるリフトアップ治療
施術のリスク・副作用 傷、とう痛、ひきつれ、腫れ、内出血、神経障害
施術の価格 自由診療 計43,780円(モニター)

では、僕のダウンタイムの経過写真を見ていきましょう。

よれよれのパジャマを着ていますが、気にしないでください。笑

 

とくに、もみあげの下のたわみの経過を見てもらえればと思います。

施術前

この口角横当たりを引き締めたい。

施術直後

帰宅後にすぐに撮った写真です。

最大限に引き上げているとのことでした。

この写真では、頬骨の下あたりからキュッと内側に張り付いているように見えますね。

 

正直、施術直後に手鏡を見せられた時は、面長な顔が短くなり、比率のせいか顔が大きくなったように感じて失敗だったと焦りましたが、家に帰って大きい鏡で見てみると小顔になったように感じかなりよかったです。

 

 

糸は、もみあげと耳の間、耳の付け根の一番上の高さから入っています。

 

たわみはこんな感じ。

すごくないですか!?笑

反対側も。

こっちはたわみ少なめ。

 

施術直後はもっとたわんでいたように見えましたが、家に帰る間に少し落ち着いたような?(光のあたり具合で見え方が違っただけかも。)

青くなっているのは、内出血ではなく落としきれていないデザインの跡です。

 

傷口は小さい上に、もみあげの後ろなので目立たないです。

 

経過1日目

いままでもそうでしたが、翌日になれば、何もしていない時は痛みはほとんど無いですね。

痛み止めも必要ないです。

 

ただ、食事をしたり、シャンプーや寝返りで頭皮をひっぱってしまうと痛みを感じます。

一晩経って、たわみは昨日より落ち着きました。

経過3日目

たわみが小さかった右側はもうほとんど目立たなくなりました。

左側は、まだ皮膚がよれていますが人には気づかれないくらいにはなったかな。

経過5日目

たわみは、皮膚のよれが減って目立たなくなりました。触るとコブのようになっています。

経過7日目

ほぼダウンタイムが抜けました。

食事も痛みなくできます。

たわみの部分も、コブのようになっていますが見た目で分かるほどではないです。

スポンサーリンク

施術前と後の比較

施術名 糸リフト
クリニック Oggi clinic
施術の説明 VOVリフトによるリフトアップ治療
施術のリスク・副作用 傷、とう痛、ひきつれ、腫れ、内出血、神経障害
施術の価格 自由診療 計43,780円(モニター)

では、引き上げ効果を確認するために、施術前と施術から8日後の写真を比較してみたいと思います。

多少の誤差はあるかもしれませんが、同一環境で撮影し、写りの似た写真を厳選して載せています。

0日目

8日目

体感では、顔の縦幅が短くなったというか、小顔になったという変化を一番強く感じました。

加齢とともに口角が下がり人中も伸びたように感じていたのですが、それも戻ったような。(人中の短縮は口角があがったことによる目の錯覚だと思う。)

 

体感ほどではないですが、写真で見比べてみても、なんとなく顔の縦幅が縮まったように見えますし、口角横あたりの皮膚が張っているような。

 

 

陰影がわかりやすい別環境の写真も見てみましょう。

0日目

8日目

僕が気になっていた口角横の少し下あたりのもたつきがマシになっているように見えます。

アプローチしている部分が違うので当たり前ですが、ほうれい線にはきいていないです。

 

術後の写真はダウンタイム明けの写真ですが、たわみがなくなったからといって引き上げが戻っているわけではないですね。

僕は現在38歳なのですが、口元が3年くらい前に戻った気がします。

 

まあ、でも糸リフト毎回に言えることですが、皮膚を引っ張り上げるシミュレーションほどは引きあがらないですし、ダウンタイムが空けるころには引き上げ直後の状態からは割と戻りがありますね。

本人しか気にしないような微細な差なのかもしれませんが、やってよかったです。

 

 

あとは、どれくらい持ってくれるかですが、その点は改めてレポートできたらと思います。

スポンサーリンク

Oggiclinicの糸リフトの感想・評価

話題のOggi clinicで糸リフトを受けてきましたが、圧倒的な料金の安さもさることながら、結果も今のところ満足できています。

勧誘などもいっさいなく、料金も明瞭会計。

先生はとても優しい方ですし、デザインの描き方や、麻酔のさし方などからも、丁寧に施術をしてくれているのが分かりますので、糸リフト以外の施術も安心して任せられるんじゃないかと思います。

 

 

施術前準備やアフターケアは大手と比べるとシンプルですが、必要十分ですね。

ほかにも、入口が分かりづらかったり戸惑う部分もありますが、できたばかりのクリニックですので、これから整っていくじゃないかと思います。

 

 

ひとつ要望があるとすれば、予約が半年先まで可能なのを、3ヵ月先くらいまで短くしてくれたら助かります。

糸やヒアルロン酸の効果が切れてきてまた入れたいと思っても、半年間待たなければなりませんから。

 

今後、Oggi clinicようなリーズナブルで満足度も高いクリニックが増えてくれたらいいな。

 

 

以上、Oggi clinicの糸リフトのレポートでした。

とてもよいクリニックだと思いました。

このレポートがみなさんの参考になれば幸いです。

 

 

予約の受付開始は公式Twitterで告知されますので、争奪戦に参加される方はフォローしておくとよいかと思います。

Twitterリンク

https://twitter.com/oggi_clinic

予約サイトリンク

https://tol-app.jp/s/oggiclinic

 

よろしければ、過去の糸リフトのレポートもご覧ください。

1回目(湘南美容クリニックの施術の流れや、術前・術後の注意事項など)

湘南美容クリニックのワンデーリフトアップ(ほうれい線)を受けてきた
先日、湘南美容クリニックでワンデーリフトアップを受けてきました。 ワンデーリフトアップは、糸リフト(スレッドリフト)とヒアルロン酸注入がセットになったプランで、2021年現在では「ほうれい線スッキリ」、「小顔スッキリ」、「あご下スッキ...

1回目の施術から4ヵ月間の経過レポ

VOVリフトの持ちはどれくらい?6本入れた経過写真
前回、ほうれい線の改善目的で、VOVリフト6本+ヒアルロン酸の施術を受けました。 VOVリフト(ボブリフト)は、PCL(ポリカプロラクトン)を素材とした糸で、糸が体へ吸収される期間は2年と、糸リフト(スレッドリフト)に...

2回目(1回目との違い)

湘南美容クリニックで糸リフトをリピーター割で受けてきた【2回目】
5ヵ月ほど前に、VOVリフト6本+ほうれい線へのヒアルロン酸注入を受けてきましたが、4ヵ月ほどで引きあがりは元通りに。 クリニックの説明ではVOVリフトは半年ほど持つとのことでしたが、口コミで見かけることの多い3ヵ月程度の持ちとなりま...
タイトルとURLをコピーしました